上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.01 夏休みの読書
前回の更新から、4ヶ月か・・・(-_-;)

もうこのブログも継続は難しいかな・・・
などと弱気になったりしていたが、この夏休み中に

「このブログを読んで、私もがんばろうと思った」

とか、

「子育て中でも、やる気さえあれば何でもできるのですね」

などと、ブログの読者の方からメールを頂いた事があった。


生徒さんのお母様からも、

「仕事が暇なときに、会社で先生のブログを読破してしまいました!!」

とか、

「今でも一日1回は先生のブログをクリックしているんですよ!!」

とか、
逆に私が励まされてしまうアプローチを頂いて、
また書いてみようかな・・・という気分になってきた。


明日から、娘の学校、息子の幼稚園の新学期。
長いようで短かった夏休みも、今日でおしまい。

これでやっと、

「遊ぶ前に、今日やるべき事を終わらせてしまいなさ~い~」

と、一日中子供達に叫んでいた生活から開放される(^^♪。

所詮、年長と2年生の子供達に、
そんなにガリ勉させても仕方がないのだけど、

「バレエやりたいなら、勉強もちゃんとやりなさい」

という私の口癖を、
夏休み中は、一日中言い続けてしまったなあ・・・


反省_(._.)_


これじゃあ、バレエも勉強もキライにさせてしまうか。
どうしたもんかねえ。

・・・・と子育ての悩みを言い出したらキリがないので、
このあたりで反省会おしまい。



私の夏休みのトピックと言えば・・・



実家に泊まったときにふと思いだして、
「SWAN(バレエ漫画)」を発掘し、
全21巻、読破してしまった。

子供の頃、姉と一緒にお小遣いで買って、
夢中になって読んだ漫画。

全体のストーリーは忘れてしまっていたけど、
何度も何度も読み返したから、
台詞や漫画の絵の一つ一つは鮮明に覚えていた。

バレエ界の内情をかなり知ってしまった今読むと、
ちゃんちゃらおかしい部分は結構あるけど、
でもやっぱり、バレエ少女あこがれの漫画。

私のバレエの原点?バイブル?

懐かしい、良い作品に再会でき、
私の無垢なバレエへの気持ちも思い出せて、
なかなか良い夏休みでした(^^)v


それにしても、夜な夜な漫画を読み惚けている母親から、
「勉強しなさい!!」と言われ続けても、
全然説得力ないか(-_-;)・・・と、またまた反省。


そういえば、去年の夏休みも、
「ドリーナバレエシリーズ」という
ハードカバーの本を全10巻、
図書館で偶然みつけて、読破したっけ。

これも私が中学生の頃夢中になって読んだ本で、
今はもう廃盤。
Amazonなどでも買えないらしい。

バレリーナを目指す女の子の成長物語で、
バレエの話しだけではなく、
美しいヨーロッパの自然が生き生きと描かれていて、
とても良い本だった。

今でこそ、子供向けのバレエストーリー本は沢山出ているけど、
そんなミーハーな感じのものではなく、
こういう情緒のあるステキな本こそ、
娘や教室の生徒達に、夢中になって読んで欲しいな・・・と思う。


今時の子供は、
例えばレッスン前後の待ち時間や、
本番の時は、楽屋で出番を待っている間、
みんなDSでゲームしているか、携帯を触っているか。

静かに一人で本を読んでいる子というのは、
あんまり見られないような。

バレエ教師仲間からは、

「総稽古などの時はゲーム禁止にしてしまうと、
うるさくなっちゃって・・・それなら、ゲームしててもいいから、
静かにしていて欲しいのよね・・・」

なんて話しも聞いたことがある。

そんな状況で、
ピュアな心を表現しなくてはならないバレエなんて、
踊れるのかなあ。

・・・・・・なんて、自分の少女時代にワープしたこの夏、
今の子供と重ね合わせて、ふと思ってしまった。

年寄りのひがみみたいな話題になってしまって、
ごめんなさい。


ちなみに読書つながりで、今私が読んでいる本は、
大人クラスの生徒さんから借りた、
「バレリーナ 谷桃子物語」。

ちょうど、谷先生が
“帝劇での日本初演、「コッペリア」の主役に選ばれた”
なんて部分を読んでいたら、
今日、最寄のバレエ団に自分のレッスンの為に行った時、
「1947年の日本初演以来引き継がれた名作・復刻上演」
なんていう文章と共に「コッペリア」全幕のチラシがおいてあった。

これはなんとジャストタイミング!!!と
思わずチラシを100部以上もらってきてしまったので、
我が教室のの生徒さんには、追ってご案内しますね~。


というわけで(どういうわけで?)、
夏休みも本当におしまい。

明日、6時に起きれるかな?

この猛暑の中の送り迎えが始まると思うと少しぞっとするが、
健康に気をつけて、9から心新たに、
母親業&バレエ教師業、がんばりますヽ(^。^)ノ。
スポンサーサイト
スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念
国立モスクワ音楽劇場バレエ団来日公演。

舌を噛みそうな長い名前のバレエ団だが、
私の認識では、モスクワでボリショイに次ぐNO.2のバレエ団。

その来日公演で、全幕では大変珍しい『エスメラルダ』を上演すると知り、
観たいなぁ…という願望を秘めて、
チラシをずっと手帳の間に挟んでおいた。

でも平日しか日程がなかったので、諦めていたところで、
突然旦那が、「明日は休みだよ(^-^)v」と。

これは、神様が「観に行きなさい」と言っている違いない!と、
夕食の支度だけして、
さっさと子供達を旦那に託して、オーチャードホールへ。

感想は…


とにかく凄かった!!!


こんなドロドロしたバレエ、観たことない。
悲劇にもほどがある。

この演目を、あの演劇の教育法として有名な、
‘スタニスラフスキー’の名前を冠につけるバレエ団がやるから、
またもっと凄みが出ていたのだと思う。

モスクワ舞踊アカデミー(ボリショイバレエ学校)を卒業し、
ボリショイバレエ団に入れなかった人達の集団ね…
という見方を、ひねくれ者の私はついしてしまうけれど、

バレエはスタイルやテクニックではない!!!

表現力だ!!!

ということを見せつけられたような舞台だった。

(あっ、バレエ団の名誉のために一言…
もちろんスタイルだってテクニックだって素晴らしかったです!!)

このドロドロしたバレエが、
本当にあのロマンチックバレエとして有名な『ジゼル』や『ラ・シルフィード』と
同年代に作られたなんて、不思議。

でも、ここにもいたいた。
フィアンセがいるにも関わらず、他の女に手を出すダメ男君が。

『ジゼル』のアルブレヒトしかり、
『ラ・シルフィード』のジェームスしかり、

何でバレエの主役の男の人って、
ダメ男君キャラクターばかりなんだろう。

この際、ロマンチッくバレエの定義として
“浮気っぽい男の人が主役のバレエ”
とでもしたら判りやすいのでは?


毒舌はこの辺にしておくとして…

『エスメラルダ』と言えば、
有名なあのタンバリンのバリエーション。

または「ディアナとアクティオン」のグラン・パ・ド・ドゥ。

これらが全幕の中のどの場面で出てくるのか…と楽しみにして観ていたのだが、
残念ながら、いずれもどこにも出てきませんでした(^.^)/~~~。

でもそれはそれで良いということで。

あのドラマチックな演出中に、有名な音楽と踊りが差し込まれていたら、
それだけで、一瞬気持ちが醒めてしまうような気がするので…。


とにかく、古典作品の中でも、
あまり知られていないバレエを観るのって、結構良いものだ。
それに、私の愛するロシアのバレエを、
誰にも邪魔されずにたっぷり堪能できて、幸せなひとときだった。

また時間をやりくりして観に行きたいな(*^。^*)
いやはや。
腰痛&筋肉痛と闘いながら、がんばりました。3日間。

ペルミバレエ学校の春期講習。

娘がペルミのレッスンに参加できるかな…という年齢まで成長し、
本人の意思は聞かずに、親の一存で申し込みをしてみた。

楽しみ…と言ってみたり、
行きたくない…と言ってみたり、
色々彼女なりに気持ちを整理をしながら、初日を迎え、
無事3日間のレッスンに参加した。

終わってみたら結構楽しかったみたいで、

「また行く!」

と言っているので、とりあえずペルミデビューは好感触。


このままバレエ大好き少女で成長してくれたらいいのだけど、

「ママのためにバレエやってるんだ(^^♪!!」
(自分のためじゃないのかよ!!!と誰か突っ込んで下さい…)

と無邪気に人に話している姿を見ると、
反抗期が来たら、どうなるのかな…^^;。


今回の講習会は、
中上級クラスが、小学校低学年クラスのすぐ前に設定されていたので、
どうせ送迎するなら、私も踊ってしまえ!!と、
親子でダブル受講で申し込みした。

朝一で自分のレッスン。
その後小学校低学年クラスの見学。

3日間、
自分もワガノワのシャワーを浴びて、
ワガノワのシャワーを浴びる子供達を見て、
ワガノワそのものを体現している先生の姿を見て、
気づかないうちに、
ごちゃまぜ日本バレエの垢(?!)にまみれている自分の姿に気づく。

今回の先生は36歳とのことで、
ほぼ私と同年代。

私がチンタラお遊戯のようなレッスンをしていた10歳頃に、
この先生はプロのバレリーナになるために、
毎日数時間レッスンに励んでいたんだ。

私がバレエに目覚めて、バレエ団の付属のバレエ学校に入って
基礎からもう一度必死になって習得しようとしていた頃、
この先生は、もう強靭な脚と身体が出来上がっていて、
あとはテクニックを磨くばかりの身体になっていたんだ。

悲しくなるね。
この歴然とした差に。

でもこれが日本でバレエをやる現実。

いやあ、今日の自分の教室の教えでは、
生徒を見る目が異常に厳しくなっていて、
自分でもびっくりした(^_^;)。

でも、別に私のレッスンを受けている生徒全員が
バレリーナになりたいと思っているわけじゃないのだから、
厳しいだけじゃなく、
楽しませつつ…
盛り上げつつ…

そして正しいことをきちんと伝えてあげなきゃな。

バレリーナにならなくても、
バレエをきちんとやってきたことで、
将来の内面の強さと豊かさにつながっていってくれたらいいな…
というのが、私のバレエ教師としての願いなのだから。


最近、同年代や年下の先生のレッスンは、
出来れば受けたくないと思っていたけど、
今回の講習会は、同年代の先生ということで、

「この先生も毎日生徒を相手に頑張っているんだから、
私も頑張ろう!!!」

という、同志に支えられているみたいな気持ちでレッスンを受けれて、
なんとなく嬉しかった。

また、娘の事もたくさん褒めてくれて、
娘もすっかり上機嫌。

親子でお世話になりましたm(__)m。

ここで得たことを、また日本バレエ界に還元できるよう、
まだまだ老体に鞭打って頑張ります(^^ゞ。
発表会が終わって以来、
とんとご無沙汰していた自分のレッスン。

昨日やっと息子の幼稚園のお弁当が始まり、
今日は母に甘えてお迎えを頼み、
2日連続でレッスンに行ってしまった。

なかなか受ける機会のない、
ペルミバレエ学校の現役の先生が教えて下さる上級クラス。

しかも今回は男性の先生だから、
ジャンプものが盛りたくさん!


・・・か・・・か・・・か・・・身体が・・・{{{{(+_+)}}}}・・・


と思って2日目の朝起きたのに、
いざバーにつかまると、1日目より身体が軽いから、
バレエって不思議だ。

ここのあたりが、
バレエを一度始めたら抜け出せない所以なんだろうなあ。


今回の先生に会うのは二度目。
レッスンが終わってから、先生が話しかけて下さった。


「サチコの事、よく覚えていますよ。
前回一緒に来た○○先生と、あなたの話をよくしていました。
彼があなたによろしくと言っていました。」


(・・・いったい私のどんな話しをしていたのかしら・・・?)


「あなたはバレエの先生じゃなくて、
ダンサーの方が絶対似合う(^^)。」


(・・・私がアラフォーだとわかって言っているのかしら・・・?)
(・・・もしかして何かの口説き文句・・・?)


勿論、ありがたいお言葉であることは確かだけど、
今の歳と今の状況の中、このような言葉を頂いても、
半分嬉しいような、半分戸惑うような。

ただ一つ強く思ったのは、
バレリーナを目指している十代の頃や、せめてバレエ団の現役時代に
こんな言葉を頂けたらどんなによかっただろうか。

私が真剣にバレリーナを目指していた頃、
国籍問わず、性別を問わず、
教えて頂いたバレエの先生から、
ただの一度だって、こんなありがたい言葉を頂いたことは無かった。

どんな先生のレッスンを受けても、
私は下手ではなかったけれど、特別目立って上手でもなかった。
要は可も無く、不可もない生徒。

いつも特別に先生に目をかけてもらえる綺麗な友達が、周りに必ずいたし、
だから、私は一応器用にレッスンをこなしているだけで、
バレリーナになる為の特別な才能はないのだと思っていた。

もしその若かりし時代に、このカツーソフ先生や、
「サチコによろしく」と伝言してくれたチェルニャーエフ先生や、
卒業試験で、何だかえらく気に入ってもらえたシドロフ先生に出会っていたら、
私はどんなにバレリーナとして成長できたのだろうか・・・。

所詮、バレリーナになれるかなれないか、
バレリーナとして、どこまで昇っていけるのかというのは、
教師や芸術監督との出会いや相性にかかっているのだろうか。

「運も実力のうち」というのは、
このような人との出会いも含めている言葉なのだろうな・・・


・・・そんなことを考えながら帰路に着く。


家には、幼稚園から帰った息子と
幼稚園のお迎えをお願いした母の姿。


思わず母に、先生からの言葉のこと、
帰りがけに考えていた事を話しながら、

「十代の頃、ロシアに留学したかったな・・・」

なんて言ったら、母の言葉。

「でもロシアに行っていたら、大学にはいけなかったわよ。
そうしたら今の旦那様にも会えなかったし、
こんな可愛い子供達にも恵まれなかったわよ。
人生、何がいいのか、わからないわよね。」

まったくもってその通り。

ロシアに行っていたら、もしかしたら、
もう少し素晴らしいバレリーナになっていたかもしれないけど、
だからと言って、アラフォーになった時、
今のような幸せな生活を送れているという保証はない。

そう考えると、少なくとも今までの私の歩んで来た道は、
この選択肢で間違いなかったんだと思う。


「たら」「れば」論は語ってもいいけど、
後悔はしない人生の選択。


あと数年たったら、もしかしたら私の教室の生徒から、
真剣にバレエの道へ・・・という生徒が出てくるかもしれない。

そうなった時、私はテクニックを教えるだけではなく、
できるだけ良い出会いに恵まれるように、
後押しができればいいな・・・と思う。

バレエの道でなくても、
もし私に進路の選択を相談してくれる生徒が現れた時、
人生の幅、選択肢を広げるようなアドバイスを、
是非してあげたいな・・・と思った。


「バレエって素晴らしい。」
「でもバレエだけが人生じゃない。」
「でもバレエを真剣にやることは、絶対に無駄ではない。」


私がバレエを通して伝えて行きたいことは、こんなことなのかな。


何だか真面目なつぶやきになっちゃったなあρ(..、)ヾ(^-^;)
去る6月7日、
無事、我がバレエ教室の発表会が終了した。
たった2週間前のことなのに、
過去の思い出のように思えるのは、何故だろう・・・???


当日は心配していた新型インフルエンザの影響もなく、
欠席者もなく、泣いちゃって出れない生徒もなく、
予定していた生徒全員が、予定通り舞台に立てた。
怪我人も出ずに幕を降ろす事が出来たことに、
ただただ胸を撫で下ろした。

第2回と言っても、第1回はスタジオパフォーマンスだったから、
実質第1回目の発表会。

初めての舞台で、何のノウハウも構築していないにもかかわらず、
勢いでキャパ1200の大ホールなんぞを借りてしまって、
出演者も70人を超えて、ほぼ全員が初舞台。

チビちゃん達を含めて出演者には3曲踊ってもらおうと思っていたので、
振り付けも8ヶ月前からスタート。

今のところ、全クラス私一人で教えているから、
当然のように発表会の練習も頼れる助手はいない・・・。

この長い長い準備期間中、ふと我に返った瞬間
「いったい私はどんな無謀なことをやろうとしているのか・・・」と、
どうしようもない不安感と孤独感が襲ってきたことが、何度あったか。


でも私の周りには、いつも信頼できる保護者の方達がいた。

バレエの教え以外でやらなければならないことを抱えて、一杯一杯になると、
どんな些細なことでも、とりあえずお母様達を捕まえて話しをした。
「これをお願いします」という話し方で無くても、
気がつくと、私の思う通りの方向に物事を進めていって下さっていた。

それも一人ではない、たくさんのお母様達が。

また、話しをしなくても、私の状態を感じ取って文句も言わずに支えてくれていた、
母・姉・旦那など家族の存在も大きい。

我が子達だってこの4月に入学・入園と新しい環境で大変な中、
平日も週末もなくリハーサルにでかけてしまい、
家にいても頭の中はバレエでいっぱい!の母親の元で、
不安定になってもおかしくない子供達の情緒が、
とりあえず普通の状態に保てたのは、家族の支えがあったからこそ。


そんなことを考えると、本当に多くの方に支えられて、
多くのお客様から賞賛の言葉を頂いた舞台を成立させることが出来た。

「支えられて・・・」なんていうと聞こえがいいけど、
もしかしたら「多くの方達の犠牲があったからこそ・・・」
とは、なっていないのだろうか。

「私も楽しみでお手伝いしているんですよ」なんて優しいお言葉を頂くと、
涙がちょちょ切れそうになるけど、
一人でバレエ教室をやり、
一人で出演者&お客様も含めて1000人規模のイベントを成立させるということへの
責任の重さを痛感した。

「先生、なんで休みなく動いているのに、そんなに元気なんですか?」
などという質問も受けて、
「私、マゾの傾向があるみたい・・・」
なんて答えていたけれど、
「私さえ頑張ればいいのだ」という考えは、
もしかしたら間違いなのかな?とも考えさせられた。

次回はもっとスマートに事を進めることが出来るのだろうか。

これからが私のバレエ教師として・・・というよりも、
教室の主宰者としての力量が試されるのかな?と思うと、
身が引き締まる思い。

とにかく、私の人生の中で5本指に入る位、
気合の入ったイベントが終了した。

ホッとして倒れるかと思っていたのだが、
意外に元気。
というか、終わってもやることが沢山あって、
倒れてる場合じゃないって感じ。

私、早死にするだろうな・・・。
人生太く、短く。
(なんて、縁起でもないこと言ってはいけませんね^_^;)


舞台の出来は・・・素晴らしかったですよ!! 我が生徒達。

子供って(大人クラスの方だって)、
本番が一番良く踊れるということはわかっていたけど、
本当にそうだった。

要所要所で不安なまま本番を迎えてしまった場面があったけど、
全て見事にクリアしてくれた。

恐るべし、生徒達。

「オリンピックには魔物が住んでる」じゃないけど、
なんか、舞台の不思議なパワーを感じる。


お客様から頂いた言葉の中で、一番多かったのが、
「みんな上半身が綺麗」
というお言葉。

嬉しいねえええええええええええ(^o^)。

最高の褒め言葉です!!!

紛れもなく、そこがワガノワメソッドの持つ凄いところで、
私もワガノワを勉強したとき、
上半身や腕はそう使うのね!!!と目から鱗の世界だった。

そのワガノワのツボを、
年齢やバレエ経験問わず、幼児クラスから大人クラスまで、
馬鹿みたいにこだわり続けて教えてきた。

その成果が舞台に出て、そのような印象をお客様に与えられたのは、
これからも今まで通り、「上半身にこだわって教え続けてよいのだ」
という確信をもらえた意味で、私にとって、物凄い収穫。

次回の発表会は1年半から2年後の予定。

また初心に戻って、生徒達と一緒に究極の美しさを追求するべく、
勉強を続けていきたいと思います。

さばけん関係者の皆様。
目黒パーシモンホールに足を運んでくださったお客様。

一言では言い尽くせない思いを沢山こめて・・・
本当にありがとうございましたm(__)m。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。