FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレエを教えている人って、
事前準備をどれだけしてレッスンに臨んでいるのだろう???

私の場合、基本的には大人クラスも子供クラスも、
前日の夜(夜中?)に曲を流しながらアンシェヌマンを考え、
そのステップのテーマは何か、注意点はどこかを自分なりに整理して、
レッスンのシュミレーションを頭の中&少し動きながら行う。

こんなことをしていると、
レッスン時間と同じかそれ以上の時間を食ってしまうわけだが、
準備を完璧にすればするほど、生徒の反応もよく、
良いレッスンが出来た!!!と自分で感じることが出来る。

反対に、「先週と同じアンシェヌマンだから・・・」などといって、
準備を怠ると、必ずレッスンでそのつけが回ってくる。
要は、私の働きかけに対して生徒の反応がイマイチだったり・・・。

もしかしたらそう感じているのは私だけで、
生徒さんは別に毎週同じレッスンを受けている感覚なのかもしれない。

実際のところはわからないが、
自己満足というか自己嫌悪の材料として、
この事前準備というものは、
バレエ教師としての私にとって結構大事で、
時間をかけるに越したことがない!という事が最近わかってきた。

********************************

・・・・・・なんでこんなネタバレのような内容の記事を
わざわざ書いているのかというと、
雇われ教師として教えているレッスンに、
今週何回か出講したのだが、
何だかイマイチなレッスンしか出来なかった。
(ごめんなさいm(__)m)

前の週(はかなり良いレッスンだったと自分で思っている)と
同じ内容だからと、
前日はさらりとメモに目を通しただけで、
あとは行きの電車の中でシュミレーション。
これで十分だと思ったのに、レッスン後の自己評価は・・・(+_+)。

そして今日は、午前中その雇われレッスンから、
午後は自分の教室に移動。
スタジオに入り、一番乗りのいつもの生徒の顔をみて、
何だかホッとした・・・。

私がどんなレッスンをしようとも、
信用してずっとついて来てくれている生徒達。
お稽古中、少しおふざけモードに入ってしまっても、
締めるときは締める、というか
私のレッスンのツボは押さえてくれる。

バレエの先生として偉そうにしていながら、
実は生徒に支えられているからこそ
成立しているというのが本当の姿。

この子達や保護者の方の信用を失っては絶対にいけないと、
心地良く、身が引き締まった日だった。

*********************************

ところで最初の話しだが、
他のバレエの先生方は、準備にどれだけ時間をかけているのだろう???
バレエ教師仲間の友人と、そんな話しはしたことなかったなあ。

今度聞いてみよおっと(^o^)丿
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/119-ddd5d7f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。