上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の読売新聞の中に、
こんな記事を見つけた。

「一週間の中で1番心地良い時間は?」
というアンケート調査をしたら、
夫婦の回答で1番多かったのは、
夫が“土曜日の午後9時”なのに対して、
妻は“月曜日午前10時”らしい。

うん、うん。

そう、そう。

私の1番心地良い時間は、
絶対的に土曜日の午後9時。

…って、
私の感覚は夫婦の夫側の感覚なのね…(-.-;)。


という今も(今日は土曜日)
一週間の最後の教えが終わって、帰路についたところ。

今週も何事もなく、
家族全員、無事元気に過ごす事が出来た。

神様、有難うございます_(._.)_

帰って出来るだけ早く子供達を寝かせ、
ゆっくりお風呂に入ってから、
旦那が起きていれば一緒にワインでも。
先に寝ちゃったら一人でハーゲンダッツでも。

どちらでもいいから、
一週間で1番ホッと出来る時間を早く堪能したいo(^-^)o。


新年度が始まって三ヶ月が過ぎた。
来週は5週目でお休みだから、
今日は一つの区切りのような感覚。

雇われで教えている教室では、
幼稚園生クラスも小学生クラスも全員初心者でスタートという環境の中、
三ヶ月たって大分バレエらしいレッスンが出来るようになってきた。
昨日久しぶりに見学されたお母様からも、
「皆さん随分、サマになってきましたね」
というコメントを頂き、ホッと一安心。

私の教室はといえば、
四月からクラス分けを行った事に加え、
幼児クラスには、三歳になったばかりのお友達を何人か迎え、
クラスの雰囲気もガラリと変わった。

お姉さん達が上のクラスに上がって、
「自分が最年長!!」と俄然張り切りだした生徒もいる反面、
平均年齢がグッと若く(小さく?)なった事もあって
私も生徒達も、戸惑う部分もあり。
今は理解あるお母様方の協力を頂きながら
今いる生徒達にとって1番良いクラスになるよう、
レッスン内容や教室の体制を模索中。

一方児童クラスは、小学生オンリーのクラスに整い、
雰囲気も幼児さん達と合同の時よりも、
緊張感のある状態が今のところ維持できている(・・・と思う)。

7月からは、新たに小学校中高学年の方のためのレッスン枠も設け、
今の児童クラスでは物足りない生徒のための補習レッスンも
行なっていくよう、体制を整えつつある。

子供を産み、子育てをしながら親自身も成長していくように、
バレエ教室自体も、生徒と一緒に成長していけたらいいなあと思う。

ところで、
私のクラスでは、大人クラスも子供クラスも、
1ヶ月に1回アンシェヌマンを替え、
同じ内容で1ヶ月繰り返す。

これはバレエ学校時代に、
月曜日にアンシェヌマンが渡され、
全く同じ内容のレッスンを1週間繰り返して、
その中に入っていたステップは完全にマスターするように・・・
という当時の先生のやり方に習ってそうしている。

(月曜日以外は先生の説明は全く無しで、バーレッスンはノンストップ。
覚えていなかったり、間違えたりした時の先生の怖かったこと怖かったこと。
今思い出しても鳥肌が立ちます・・・(ーー;))

来月はどんなアンシェヌマンにしようかな・・・。
これを考えるのは、結構楽しい作業なのです。
受講生の皆様、お楽しみに・・・(^^ゞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/139-9a2f718d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。