上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日頂いたコメントに対して。
結構誰もが一度は悩んだ事があるのではないかと思って、
あえてここに、私が思うところを書いてみます。

先生の無視って、結構つらいですよね。
私もバレエ学校時代、無視さてれるのかな?
と思う先生がいて、
その先生のレッスンが終わる度に、
「今日も一度も注意がなかった」
「今日は何回注意された」
「今日は目線だけは合った」
などと、一喜一憂していた時期がありました。

教師の立場から言うと、
自分のクラスを受けに来ている生徒は、
上手でも下手でも関係ない。
その人の貴重な時間を割いて、
わざわざ通って来てくれているのだから。
勿論、クラスの進行を邪魔したり、
注意に反抗的な態度を取ったり、
というのは論外として、
一生懸命、素直に努力しているのであれば、
絶対に無視しようなどとは思いません。
プロを目指す子供のクラスなら、
その子を鍛えるために意図的にそのような態度を取るもの、
もしかしたらありなのかもしれないけれど、
大人のクラスでは、
そもそも技術的な向上だけを生徒に期待していることは、
まずないと思います。
それよりも、音楽に合わせて体を動かす楽しさを知ってほしいし、
バレエの奥深さを知ってほしい。
究極は、そのことがバレエ界の
裾野を広げることになると思うからです。

色々な先生がいるから、一概にはいえないけれど、
少なくとも私はそのように思って生徒に向き合っています。
もしかしたら、先生は今他に気になる生徒がいて、
(どうしても目についてしまう生徒っているもんです)
ついそちらに意識が行ってしまっているだけなのでは?

辞めようなどとは思わず、
もう一度、何故自分はバレエをやっているのかを
思い出した上で、
純粋な(素直な)気持ちで、
バーにつかまって欲しいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/14-11a3b137
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。