上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事、5日間の夏期講習会@ペルミバレエ学校日本校が終了。

結局筋肉痛は治らないまま、
毎日筋肉痛の上塗りを重ね、
足腰(特に今回は両脚の付け根にきた)は、すごい状態になったが、
とりあえず四日目位で、身体の感覚を取り戻した感じ。

この5日間の収穫は、
たるんでいたお腹とお尻が引き締まった!(^^)!

…という事はさて置き、
教授法で勉強した高学年の一通りの動きを、
総復習できた感じ。

今回は特に男の先生という事もあって、
今までの先生とはまた違ったアンシェヌマンの組み方で、
比較的簡単なものからスタートし、
最後頃には回って回って回って、
跳んで跳んで跳びまくった。

「これって男性用のレッスンじゃないの???」
と言いたくなる程、
それはそれはハードなレッスンだったが、
それだけにとても勉強になった。

センターでは、第2グループがやっている間に
毎日必死にアンシェヌマンをメモっていたら、
先生に笑われてしまったが(:_;)…
…高い講習会費のモトはとったぞ(^人^)!

現役を退くと、
バレエ教師としてはなかなか勉強をする機会がない現実の中、
このような学校は本当に有り難い。
是非これからもずっと長く
このような機会が与えられますように…。

そして今日から一週間、教えもお休み。
暫くの間、伊豆高原の祖母の別荘で骨休めの予定。

…だったが、
教師仲間の友人が教えているスタジオの発表会が今日あるとの事で、
出発を夕方に延期。

昼からの舞台を観に行って来た。

調布にある、伝統あるスタジオという事は知っていたが、
40周年記念発表会とのこと。

百何十人いる生徒さん達は粒ぞろいだし、
何より作品の選曲と振付が斬新で、
発表会全体の演出も厚みがあってさすが。
バレエの舞台として充分に楽しめた3時間弱で、
やはり伝統のあるお教室はすごい!!と脱帽。

去年の夏に、
これも友人の招待で横浜まで観に行った発表会も、
確か35周年記念の発表会だったような。

そこも百人以上の生徒さんがいる、今日のお教室と殆ど同じ規模のスタジオで、
その生徒のレベルの高さに驚いた記憶が。

当然の事だが、やはり
「長く続いている教室」
「生徒がたくさんいる教室」
というのは、主宰している先生が、
真面目に丁寧に生徒に向き合って、
正しいバレエをきちんと教えているのからなのだなぁ…と思う…。

…なんて、
まだ自分の教室を始めて一年程の若造バレエ教師が、
わかったような発言をして失礼しましたm(__)m。

35年とか40年後なんて、
一体私はどうなってるんだろう?

間違いなくおばあちゃんになってるわけだが、
(もしかして既にお星様になってる?)
その時まで責任を持って我がバレエ教室を続けていけてるのだろうか…?

そう考えると、縁の下の力持ち的存在で、
日本バレエ界を支えて来られた先生方に、改めて尊敬の念を抱く。

私も今日の先生や去年見たお教室の先生を目標に、
これから頑張りますo(><)o。

という事で、只今より束の間の夏休み。

我が家族四世代で、
伊豆高原へ行って来ま~す(^^ゞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/145-937731e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。