FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別荘のお庭に出した小さなビニールプールで、
おおはしゃぎな子供達。

傍で子供達を見ながら、
蚊に刺されないように永遠に足踏みを続け、
蒸し暑さで汗まみれになりながら、
息子が喜びそうな虫を探したりしているわたくし。

全く優雅とは言えないが、
まあ都会の喧騒から離れて
のどかな別荘ライフを過ごしている。

・・・と言っても、
今回は私の祖母&母&姉一家(パパ抜き)、
そして我が家一家(パパは送迎のみ、中抜け)の総勢8名。

広い土地に対して不自然に小さい平屋の建物は、
いわゆる3Kという間取り。
そこに大人4人(パパがいる時は5人)&子供4人で居ると、
この記録的な猛暑のせいで、
家にいるだけで熱中症になりそう(ーー;)。

伊豆高原って、避暑地じゃなかったのかなあ(T_T)。
油断すれば蚊にさされるし、
蛾は部屋の中に入ってくるし、
子供の手の平サイズのデカイ蜘蛛は出てくるし・・・
・・・ブツブツ・・・。

でもこんな文句いっているのは大人(というか私)だけで、
子供達は家の中でも外でもそれはそれは元気元気。

普段虫嫌いな娘も、大自然の中にいれば、
そんなことどうでもよくなるみたいで、
蚊がいようとクモの巣があろうと、
お庭を駆け回っている。

アスファルトに囲まれた都会育ちの子供にとって、
このような自然の中での生活体験は大事だ。

クモの巣といえば、
小学3年生の甥っ子の、今年の自由研究のテーマは、
『クモの巣の観察』。

図書館で「クモの本」を借りてきて、
昆虫図鑑を持って、
スプレーのりと黒の色画用紙を持って来て、
準備万端、やる気満々。
(でも一番やる気満々なのは母親である姉みたい・・・^_^;)

ぐるりとお庭を一周するだけで、

芸術的な形のクモの巣、
ぐちゃぐちゃな形のクモの巣、
中心に刺繍のように美しい模様を作っているクモの巣、
中心に向かって×印を作るクモの巣、
何重にも重ねて作るクモの巣、
三角垂の形をしたクモの巣、

あらゆる形状のクモの巣が発見できた模様。
すごい!!!

1日目は探索&観察。

2日目はクモの巣の採集
(スプレーのりをふきかけて黒画用紙を押し付けると、
クモの巣がそのまま紙に貼られるらしい。)

3日目はその後のクモ達の観察。
(あわよくば、クモが巣を作る現場をスケッチしたかったようだが、
そのシーンには遭遇できなかったらしい。残念)

その頃になると、クモに愛情が湧いてきたみたいで、
「こっちのクモは昨日はこうだったけど、今日はこうだった!!」
と目を輝かせて話している姉(甥っ子ではなく^_^;)。

その傍らで、
「ク~モのっ~す~♪ ク~モのっ~す~♪ か~わいいク~モ~よ~♪」
(↑「クマのプーさん」のメロディー♪)
と歌っている我が息子。

第三者として見ていると、
かなり笑える光景だった(^○^)。

そんなこんなで、何をするともなく自然を満喫し、
本日藤沢の旦那の実家に移動。
お盆休み後半が始まる。

子供達は、
「じーじとばーばと海に行く~(^o^)丿」
と言って楽しみにしているが、
この猛暑の中、きっと実現は不可能でしょう。
藤沢でも懲りずにお庭プールということでご勘弁を(-_-)。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/146-bc876d70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。