上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週、睡眠時間を削ってやっていた事は、
昨年末に開催した、クリスマスパーティーを兼ねたミニ発表会の
写真整理。

今回はスタジオパーフォーマンス形式だったので、
ご家族のビデオも写真撮影も自由。
ということで、教室側としても撮影はプロにお願いすることはせずに、
あくまでも生徒の関係者に記録として全体を撮って頂いた。

とは言っても、その写真の数170枚!!!

どのような形で生徒達に渡すかを色々悩んだのだが、

ほとんどの人がパパに当日撮ってもらってたから、
あまり欲しいという人もいないのかなあ・・・。

欲しいという場合も、今は紙物ではなく、
データで欲しいのかなあ・・・。

とは言っても、まだアナログな方も、
結構いるような気がするし・・・。

写真で渡すにしても、大きさは?値段は?

考えれば考える程、わからん(-_-メ)。
ならば、自分が保護者の立場になった時に、
嬉しい形ということで。

ひと昔前と同じ形で、アルバムに貼って、
ナンバーを控えてもらって、封筒にお金を入れて注文。
うん。これが一番わかりやすい。

アルバム整理ならお手のもの。
小学生の頃から、毎年春休みには1年分のアルバム整理と決まっていて、
その数は、三十ウン年の人生で数十冊。
保管する場所に困る程の冊数だが、
その分「何歳の時の何してる時の写真」と言われれば、
さっと取り出せるのが、ささやかな自慢。

というわけで、結局3日間かかって1冊のアルバムに170枚の写真が収まった。

これだけ整理しておけば、
もし注文する方がほとんどいなくても無駄にならずに、
“祥子バレエ研究所第1回発表会”の貴重な記録としてとっておけるぞ。

よしよし。

まあ、当然デジタル生活な方もいらっしゃるでしょうから、
HPの受講生専用ページにも、追ってデータをUPしてもらうように、
旦那にお願いしておこう。


でもなぜ、たかが1冊のアルバム整理の為に3日間もかかったのかというと・・・
写真をみては、「あの時はこうだった」「この子はこんなだった」
と思いを馳せてしまうから。

写真を眺めれば眺めるほど、
やっぱりこの会をやってよかったなあ・・・と改めて思う。

お母様方に丸投げしてしまった会場設営。

ほとんど打ち合わせもしていないのに、
想像以上に、ステキに、華やかに仕上がった装飾兼舞台背景。

ウェルカムボードもこんなに豪華に飾ってたんだ!
受付をお願いしたお母様も、寒い中半そでで頑張って下さってる!

幼児クラスの踊り。
同じ振りを2回繰り返すはずの部分で、前列の子供達が間違えて、
見事全員がつられて違う振付で踊ってたっけ。
やはり違和感を感じたのか、
「???(@_@)???」という顔を、チビッコ達みんながしていたのが、
おかしかったなあ(^.^)。

大人クラスの踊り。
皆さん練習を重ねて難しい貴婦人スタイルがちゃんと決まるようになり、
写真でもポーズはバッチリだ)^o^(。
子供だけの発表会よりも、この踊りがあってこそ、
会が引き締まったことに間違い無し。

スペインの踊り。
・・・は・・・所詮この程度ね。私の踊り^_^;。でもこんな踊りでも、
「先生みたいに踊れるようになりたい」といってくれた生徒がいた以上、
踊った価値はあったのかな・・・???

中国の踊り。
最初から「中国はチームワーク!」と思ってたのが、
本番は奇跡的(失礼!!)に6人が一糸乱れぬ動きをしてくれた(;_;)。
バレエを始めてまだ2ヶ月・・・という子もいるのに、
スゴイ!すごい!凄い!

ロシアの踊り。
いつもキャーキャー大はしゃぎメンバーなのに、
緊張していたな・・・表情が少し硬いぞ(^_-)。
でもこの子達は、おそらく次回の発表会の時は3年生。
次回はこのメンバー中心に作品を組み立てることになる予感・・・。
その為にはこれからビシビシしごかなきゃ(^^ゞ!!

フランスの踊り。
それにしても、やればできるんじゃない!(^_^メ)。
本番は私の注意を、見事に気をつけて踊ってくれたなあ。
この子達は今が一番伸びる時期。
今必要なのは、テクニックではなく、踊る心。
磨けば光る原石を大事にしなきゃ。

そして、コーダ。
全員登場の振付は、我ながらなかなかよかったぞ)^o^(。
立派な発表会だ。

出演者全員からお花を頂いたのにはびっくりした。
カゴに飾ってあったお花は、装飾の一つだと思ってた。
それにしても、お母様方、いつそんな相談していたのかしら?
本当に折り難い話です(T_T)。

お花を受け取っている私。
子供の頃にバレエを習ってた、塚越先生そっくりだ。
もしまだ健在だったら、きっと応援して下さったんだろうな・・・。
本当に残念。
そして先生がお星様になってしまった事が、今更ながら悲しくて悔しい。

パーティーは、私はちょっとしか口にできなかったけど、
どのお食事もみんな美味しかった(^o^)。

そして出演者みんなお揃いのコサージュ。
これも保護者の方の汗と涙の(?)結晶。
来年もそのコサージュつけて、みんなでパーティができるといいな。

余興の合唱もバイオリンも、クリスマスムードを盛り上げてくれた。
演奏してくれた子もそうでない子も、
バレエ馬鹿にならないで、勉強でも他の習い事でも、
持ってる可能性をどんどん広げていって欲しいなあ・・・と思う。

優しそうなサンタさん。
「バレエにサンタさん来たね!!」と、今でもふと思い出している我が息子。
子供達に夢を与えて下さって、ありがとうございました(^^)。

今回は、おそらく普通の発表会以上に、
保護者の方には負担が大きかったのではないかと思う。
働いているお母様もたくさんいて、
きっと時間のやりくりに苦労されたのではないかと。

そういう意味では、本当にこのような会でよかったのか、
もしかしたら舞台を借りて、普通の発表会をした方が、
よかったのかな?という考えも頭に浮かんでは消え・・・。

・・・でも、どの写真を見ても、みんないい顔をしてる。

子供は子供同士。
ママはママ同士。
パパはパパ同士。

きっとこのイベントを通して、今まで以上に仲良くなれたのではないかな?
それが今回の最大の収穫。

パーティーの挨拶でも少しお話したが、
自分の教室を始める時、私がコンテンポラリーダンスを習った先生は、
「私は最初の生徒に恵まれたから、ここまでやってこれた」
とおっしゃっていた。

私も、最初の生徒に本当に恵まれた幸わせ者だ。
このミニ発表会に関わったメンバーは、私の一生の宝物。
大事に大事に育てていきたいと、改めて思う。

************************:

以上、ただのつぶやきのようなご報告でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/158-8aa1787b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。