上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.29 来年の夏???
今、来年の夏あたりに発表会をやるべく、
会場探しに奔走している。

・・・と言っても別に都内を走り回っているわけではなく、
ネットの中をウロウロしては、
ホールの事務局に電話をかけたりしているだけなのだが。

バレエの公演や発表会でよく使われる都内のホール関係は、
一通り認識していたつもりだったが、
劇場のキャパって
小ホールが200~500、大ホールが1000~1200で、
私がどうかな?って思っていた700~800のホールって、
存在しないのねえ~~~~~~~~~(T_T)。

まだまだ甘かった・・・(-_-)。

・・・で、
客席ギューギューで素人の舞台でも拍手万雷(^○^)・・・路線でいくか、
大は小を兼ねるで、
誘導楽々!席確保余裕!のお客様ゆったり(^。^)♪・・・路線でいくか、
ここが悩みどころなのだけれど。

運がよければ間もなく結論を出しますので、
関係者の皆様、いましばらくお待ちかねを。

まあ、来年の夏、1年以上後のことですから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


あと私の頭の中を占めていることは、
出し物を何にするか。

何か踊りたい曲があったら伺いますよ(←生徒の皆様へ)。
でも、願いがかなえられる保証は全くできませんが・・・
・・・悪しからず・・・(^_^メ)。

いわゆる有名なバレエ作品はともかくとして、
私がもっぱら図書館からCDを借りまくって探しているのは、
小品集というか、
独立した1曲として何か良い曲はないかと。

このクラスには、こんな曲。
あの子達にはこんな作品。

なんて思いながら曲を探して、
解説を読みながら曲の背景も理解しようとしたりして、
これは!!という曲に出会うと、
次は振付を考えたりして、誰におどらせようか・・・なんて考えて。

まだまだ時間はたっぷりあるから、
結構この頭をひねっている瞬間って、
なんともいえない良い一時なのです)^o^(。

以前、

「ノイマイヤーが『時節の色』を東京バレエ団に新作振付する際、
162曲(!)集めて、それをどのように構成するのか、
ピアニストと共に考えた」

という話しを聞いたことがあるが、
やっぱり本物の振付家って、そうやって作品を作るんだ!!
と驚き、納得した記憶が。

それに比べたらまだまだ。
まあ、あの大物ノイマイヤーと比較するな!とお叱りを受けそうですが。

また、ノイマイヤーは、
「音楽を聴いて、私を椅子から立ち上がらせられるか否かということが、
使用する音楽についての最も重要な判断基準となります」
と言っていた。

うん。何となくわかる、わかる。

確かに音楽を聴いて、衣装や装置や、
振付までいかなくても踊りの感じが思い浮かぶ曲と、
全くイメージが沸かない曲がある。

・・・って、また偉そうなことを言っているような気もするが、
ダンサーをやっていた時代には、
あまり意識して考えなかったことだけに、
面白いなあって思う。

きっと時期がきて、時間が差し迫ってくると、
そんな優雅なことも言ってられないことは間違いないのだが・・・

まあ、来年の夏、1年以上後のことですから。

それまでに、
イメージした通りの振付で踊れる子供達になってもらうべく、
ビシビシ鍛えねば。

覚悟の程を(-_-メ)(←生徒の皆様へ)。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/166-7dc64897
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。