上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待った8月2日、ワガノワ・バレエ・アカデミーの公演日。

「今日こそ、ロシアバレエの空気にどっぷり浸からせて頂くぞ!」
と思うと、楽しみも倍増。

また、今回は私のバレエ教室単位でチケットを大量申し込みした関係で、
リハーサル見学にも招待して頂き、更に楽しみが膨れる。

チケットを持つ生徒達とホール正面入口で15:50に待ち合わせ、
16:00~リハーサルの見学へ。

17:30開場、18:00開演の公演だから、
16:00という時間帯は、
レッスンが終わり、通し稽古、またはちょっとした駄目出しタイムだろう・・・
と予想していたのに、何と16:00~レッスン開始。

我々は16:00~17:00まで、
本番前の身体ならしの通常レッスンをフルで見せて頂き、
本番の踊りのリハに入ったところで、客席から出されてしまった。

残念(__)。

それにしても、開場時間の30分前にレッスンが終わり、
それから簡単なリハ・メイク・髪セット・着替え・・・
・・・その他もろもろ、本番に向けての全ての準備をこなすというのは、
何とタイトなタイムスケジュールなのだ!!とびっくり。

しかもプロのバレエ団ならともかく、まだ学生なのに・・・。

そのことだけを見ても、そんじょそこらのバレエをやっている若者とは、
全く違う次元にいる子供達なのだということが、よくわかる。

恐れ入りましたm(__)m。

またそのレッスンがすごいのなんのって。
本番前だから、別にレベルの高いレッスンをしているわけではないのだが、
当たり前だけど、とにかく綺麗(゚o゚)。

バーレッスンで目に付く子供は、
やはりセンターでは第1グループの真ん中。

その子供達をみてしまうと、
第2グループの生徒が大した事無く見えてしまうのだが、
冷静になってみると、その子供達だって世界レベル。

当たり前だけど、やはりバレエの世界では、
プロポーションや骨格の条件の違いは、
成功への決定的な要素になるのだという事を目のあたりにした。

ああ、恐ろしい。
ああ、悲しい。

この貴重な機会。レッスンのアンシェヌマンは全部メモった。
次回の児童Bクラスでは、このアンシェヌマンをなぞった、
ワガノワ記念レッスンでもやろうかな?と。

一つ嬉かったのは、生のアスィムラアートワさんが見れた事。

我が家にあるキーロフバレエ団の『海賊』のDVDの主役を踊っているバレリーナ。
それはそれは綺麗で、家事をやりながら流していても、
彼女が出てくると、気がつくと画面に釘付けになっている。

今はワガノワバレエアカデミーの芸術監督をしているとか?

レッスンが終わって、リハに入ったところで、ロングスカートで登場。
結構怖い感じで生徒に駄目出ししていた。

ああ、サインがほしかった・・・(;_;)。

そんな感じでリハーサルが続く舞台を尻目に、一旦退席。

17:30に再び入場。
席は前から4列目のど真ん中。

残念ながら爪先の先は少し見えにくかったけど、
小さなバレリーナ達の表情は勿論、息遣いも伝わってくる。

とにかく可愛い。綺麗。
もうそれ以外の表現は見つからない。
一目で全員が才能の塊だということがよくわかる。

一応、記憶の中に残すために、一言コメント。

『クラシック・シンフォニー』
こういう踊り、私は大好き。もっともっと見ていたかった。
低学年の子供達の踊りも、もっとたくさんみたかった。

『ラ・シルフィード』
凄い表現力。ポワントの音が全くしない。可愛い。

『シェエラザード』
10代とは思えない、凄い色気。綺麗。
こんな若い子が、この踊りを踊りこなすなんて・・・。

『くるみのアダージオ』
全演目の中で、これだけが“あと1歩”とい印象。
でも背中が異常にやわらかい子だった。

『眠りのグラン』
絵本の中から抜け出してきたような、王子様とお姫様の登場。
美しい。

『偶然の出会い』
いわゆるコンテンポラリーの演目(?)。
私はコンテンポラりーは今いちよくわからないけど、
素晴らしかった事に間違いない。
でもワガノワバレエアカデミーの公演でこのような演目を
プログラムに入れる必要があったのだろうか?

『マルキタンカ』
はじめて見たけど、何とも可愛らしい。
でも将来ソリスト~プリマになる生徒と、
コールドで終わるだろう生徒の差が、悲しいほどにわかった。

休憩をはさんで『海賊より花園』
日本人の男の子が頑張っていた。
やはり日本人はテクニックで勝負(^o^)丿。お見事でした。
次回の発表会は、この花園のシーン、やろうかな?

恐らく、ここでメドーラを踊った子が、
レッスン中に一番目がいった子。
31日に「プリマになる!」と予感した子だと思うが、
近くで見ると、少し細すぎ・・・という印象。
海賊よりも、前回のパ・ド・ドゥの方がよかったかな・・・。


・・・という感じで、全て終了。

本当に綺麗で、色々な意味で勉強になった舞台でした。
やはり本物の舞台は良いね。

今度は何を観に行く機会があるかな・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/170-3ede52bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。