FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、約2ヶ月ぶりにビールを飲んだ。
思うところがあって、9月半ばから旦那と一緒にビール断ち。
久し振りのビールは苦かった・・・でも美味しかった(;_;)。

子供達には、
「なんで最近パパとママ、ビール飲まないの?」
と不思議がられながらも、
「ちょっとね」などと適当にごまかしつつ過ごした2ヶ月。

この2ヶ月・・・
いやいや、2ヶ月なんてもんじゃなくこの2年間、
家族みんなでジープに乗って、
岩だらけの道を登ったり、ひっくり返ったりしながら、
ゴトゴト走っているような気分だった。

最後の最後でビールに夫婦の願いを掛けた。
そんな願いの掛け方でいいのだろうか?という疑問をもちつつ(-_-)。


お受験って、何なんだろう?というのが、今の素直な気持ち。


勿論、愛する子供達が理想の学生時代を送り、将来の糧とするために、
家庭のあるべき姿を見つめ、
家族が心を一つにして目標に向かう又とない機会。

子供の一挙手一投足に、過剰なほど一喜一憂し、
自分達の子育てを反省し、より良いものにするために悩み、
極端には、自分の今までの生き方までをも検証した。

この点こそお受験の意味だと思うし、
我が家もこの経験があったからこそ、
家族の絆がそれまでよりも格段に深まったことには間違いない。

でも、たった4年や6年しか生きていない子供達を、
結果的に合否で判定する世界。

縄とび結びが時間内に出来た、出来なかったで、
○か×がついてしまう世界。

息子の保育園の運動会の障害物競走で、
娘と同じ歳の6歳の男の子が、どうしても縄とびが結べず、
先の種目に移れなかった。
でも会場中の保護者・先生・子供達が何分もの間その子見守り、
「がんばれー!!」と声援を送っていた。

何だか意味も無く、目頭が熱くなってしまった。
これが、子供を育てる本来の形なんじゃないかな・・・?と思った。

受験のお教室でも
「お友達が一生懸命やっているときは、
皆でがんばれー!って応援してあげましょう」という指導はある。
でもその先生の言葉によって
「ガンバレー」と皆一律に叫んでいる子供達に、
どうも違和感を感じてしまう私は、ひねくれ者なのだろうか。

結果的に、我が家は運良く
第一希望の学校・幼稚園からそれぞれ合格を頂いた。

でも合格・不合格なんて本当に紙一重の世界に間違いない。

うちも第一希望は合格だったけど、
不合格の学校だってあった。

お受験の合否の差は
運の要素以外、何もないような気がする。

努力不足や能力不足なんかじゃない。
どんなにそれまで頑張っていても、
当日熱を出してしまえば、それでおしまい。

でも加熱した受験準備によって、
合格でも不合格でも、結果から子供が受ける影響は、
結構これからの価値観を左右するものになっていくのではないかと、
少し恐ろしいものを感じてしまう。

・・・なんて色々言っても、この受験準備によって、
間違いなく子供達は大きく成長した。
私も親として少しは成長できたような気がする。


それでいいのだ。きっと。


考えれば考える程、わけがわからない世界に
2年間もさまよったなるのだけど、これにて一件落着。


お疲れ様でした~_(._.)_。


このわけがわからない世界の中にいても、
一つ良いことがあった。

娘の勉強時間があればあるほど、
バレエの発表会に向けての準備がはかどった。

娘がお教室で勉強している間は、
ひたすらコーヒーを片手に振付を考えることに集中。
きっと常連となってしまったベローチェの店員さんには、
いつもイヤホンを耳に突っ込んで、
さりげなく手足を微妙に動かしている怪しげなマダム(?)と、
変な目で見られていた事でしょう(^_^メ)。

お受験ママとバレエ教師。

思春期には、女子高生とバレエ学校生。
青春時代には、大学生とバレエ団員。
新婚時代には、会社員と主婦。

私はいつも2足のわらじを履いて、
時間に追われて動き回ってきた。

でもそうやって精神のバランスを保っているんだと思う。

これからも、一生時間貧乏で(冷)汗を流して
生きていくんだろうな…。

でももう良い齢なので、過労で早死しないよう、
健康には気をつけて参ります(^o^)丿。

これから、来年の発表会に向けて突っ走るぞ!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/171-0385ed31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。