上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会が終わって以来、
とんとご無沙汰していた自分のレッスン。

昨日やっと息子の幼稚園のお弁当が始まり、
今日は母に甘えてお迎えを頼み、
2日連続でレッスンに行ってしまった。

なかなか受ける機会のない、
ペルミバレエ学校の現役の先生が教えて下さる上級クラス。

しかも今回は男性の先生だから、
ジャンプものが盛りたくさん!


・・・か・・・か・・・か・・・身体が・・・{{{{(+_+)}}}}・・・


と思って2日目の朝起きたのに、
いざバーにつかまると、1日目より身体が軽いから、
バレエって不思議だ。

ここのあたりが、
バレエを一度始めたら抜け出せない所以なんだろうなあ。


今回の先生に会うのは二度目。
レッスンが終わってから、先生が話しかけて下さった。


「サチコの事、よく覚えていますよ。
前回一緒に来た○○先生と、あなたの話をよくしていました。
彼があなたによろしくと言っていました。」


(・・・いったい私のどんな話しをしていたのかしら・・・?)


「あなたはバレエの先生じゃなくて、
ダンサーの方が絶対似合う(^^)。」


(・・・私がアラフォーだとわかって言っているのかしら・・・?)
(・・・もしかして何かの口説き文句・・・?)


勿論、ありがたいお言葉であることは確かだけど、
今の歳と今の状況の中、このような言葉を頂いても、
半分嬉しいような、半分戸惑うような。

ただ一つ強く思ったのは、
バレリーナを目指している十代の頃や、せめてバレエ団の現役時代に
こんな言葉を頂けたらどんなによかっただろうか。

私が真剣にバレリーナを目指していた頃、
国籍問わず、性別を問わず、
教えて頂いたバレエの先生から、
ただの一度だって、こんなありがたい言葉を頂いたことは無かった。

どんな先生のレッスンを受けても、
私は下手ではなかったけれど、特別目立って上手でもなかった。
要は可も無く、不可もない生徒。

いつも特別に先生に目をかけてもらえる綺麗な友達が、周りに必ずいたし、
だから、私は一応器用にレッスンをこなしているだけで、
バレリーナになる為の特別な才能はないのだと思っていた。

もしその若かりし時代に、このカツーソフ先生や、
「サチコによろしく」と伝言してくれたチェルニャーエフ先生や、
卒業試験で、何だかえらく気に入ってもらえたシドロフ先生に出会っていたら、
私はどんなにバレリーナとして成長できたのだろうか・・・。

所詮、バレリーナになれるかなれないか、
バレリーナとして、どこまで昇っていけるのかというのは、
教師や芸術監督との出会いや相性にかかっているのだろうか。

「運も実力のうち」というのは、
このような人との出会いも含めている言葉なのだろうな・・・


・・・そんなことを考えながら帰路に着く。


家には、幼稚園から帰った息子と
幼稚園のお迎えをお願いした母の姿。


思わず母に、先生からの言葉のこと、
帰りがけに考えていた事を話しながら、

「十代の頃、ロシアに留学したかったな・・・」

なんて言ったら、母の言葉。

「でもロシアに行っていたら、大学にはいけなかったわよ。
そうしたら今の旦那様にも会えなかったし、
こんな可愛い子供達にも恵まれなかったわよ。
人生、何がいいのか、わからないわよね。」

まったくもってその通り。

ロシアに行っていたら、もしかしたら、
もう少し素晴らしいバレリーナになっていたかもしれないけど、
だからと言って、アラフォーになった時、
今のような幸せな生活を送れているという保証はない。

そう考えると、少なくとも今までの私の歩んで来た道は、
この選択肢で間違いなかったんだと思う。


「たら」「れば」論は語ってもいいけど、
後悔はしない人生の選択。


あと数年たったら、もしかしたら私の教室の生徒から、
真剣にバレエの道へ・・・という生徒が出てくるかもしれない。

そうなった時、私はテクニックを教えるだけではなく、
できるだけ良い出会いに恵まれるように、
後押しができればいいな・・・と思う。

バレエの道でなくても、
もし私に進路の選択を相談してくれる生徒が現れた時、
人生の幅、選択肢を広げるようなアドバイスを、
是非してあげたいな・・・と思った。


「バレエって素晴らしい。」
「でもバレエだけが人生じゃない。」
「でもバレエを真剣にやることは、絶対に無駄ではない。」


私がバレエを通して伝えて行きたいことは、こんなことなのかな。


何だか真面目なつぶやきになっちゃったなあρ(..、)ヾ(^-^;)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/178-01e050ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。