上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日より、バレエ教授法クラスの後期授業が開始した。

少し緊張していたのか、朝6時にはぱっちり目が覚め、
朝の支度も余裕。
母親に余裕があると、子供達のご機嫌もよく、
順調に事が運ぶ。

ということで、トラブルなく9:30開始の1限の授業に間に合った。

「テキストに入る前に、簡単に体ならしのバーレッスンをやりましょう」
と先生。70歳台のおばあちゃま先生なのに、
相変わらずお元気であるm(__)m。

“体慣らしのバーレッスン”なのだから、
体慣らし程度のはずなのに、

いきなりプリエは右だけだし(これはロシアの常識のよう^^;)、
いきなり早いタンジュだし、
グラン・ロンド・ジェッテ(略)は3回連続バリバリ出てくるし、
フォンデュやアダージオは、最初から最後まで当たり前のようにルルベだし、
フラッペやアンレールでは、クルクル回るし。

2年間学んでるんだから、いい加減わかってはいたけど、

レ ベ ル 高 い よ (-_-メ)。

後期の高学年クラスの授業内容をこなすために、
みんな夏休み中は、それなりに体慣らしをしてきた。
なのに、先生からは、

「皆さん、休み中お稽古してましたか?
あまりやっていなかったように見えますが・・・」と。

やってなかったんじゃなくて、
所詮日本のオープンクラスじゃ、このレベルのバーレッスンを
普通にこなす筋力や感覚は維持できないってこと・・・(T_T)。

このバレエ学校卒業したら、
せかっく2年間学んできたこのレベル感覚や、
純粋なワガノワメソッドのアンシェヌマンを忘れないよう、
なにか努力していかないといけないなあ・・・

と、いきなり初日から前途多難を予感させる一日でした。

でもヒストリカルダンス(高学年用)のクラス内の
16世紀のダンスを学ぶカリキュラムの中で、
ロミオとジュリエットの舞踏会のダンスを習えたのは、嬉しかった)^o^(。
これ、大好きな曲なのよねえ。

そして、やはりキャラクター専門の先生ポースは、
ばっちり決まってて本当にカッコイイ!!!
このお姿を、今のうちに脳裏に焼き付けておかなければ・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/83-dde360ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。