上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、頭の中が飽和状態。

学校では11月2日の試験に向けての振り付けが始まり、
クラシック37種、
(バー9種、センター5種、アレグロ14種、ポワント4種、ピルエット系5種)、
ヒストリカルダンス13種のアンシェヌマンを
一気に覚えなくてはならない。

何が大変って、ステップはともかく、
顔の向き、手の使い方、テンポなど、全て完璧に守らないと、
伝統を継承していく事に並ならぬ意志を持つ
ロシア人のおばあちゃま先生の中で、
何かがピキピキ切れていく音が聞こえてくる。

そういえば先生、この前控室で血圧測ってたなぁ・・・(>_<)。

例えば、グラン・パ・ドゥ・シャの前のグリッサードの首の向き。
例えば、ソ・ド・バスクの手の開き方。
たかが首の向きが進行方向なのか正面なのか、
たかが手を内側から開くか外側から開くかだけなのに、
今まで20年以上やってきて、
体に染み込んでいるものを反対にするとなると、
結構全体の流れが変わって骨が折れる。

しかもそんな事、今まで注意された事もなかったぞ(-.-)。
そのレベルの事でさえも先生を切れさせる原因となるのだから、
伝統あるメソッドって、やっぱりすごい。

そこまでこだわり抜ける指導者になるって、
結構大変な事だと思うけれど、
それでこそ一流のバレリーナが育っていくのだろうな…。


…と話が書きたい内容からずれてきたので、修正。

その飽和状態の脳みそで、
週末、大失態をおかした。

家 の 鍵 を 落 と し た (T_T)。

土曜日、バレエの教えの後、普通に鍵を開けて家に入った。
日曜日、ちょっと出掛けようと思ったら、鍵がない!!!
それから家中探して、ついでに片付けして掃除機もかけて、
家はキレイになったが、鍵は出てこない。

家の中に無いということは、開けた時に差しっぱなしにしてあって、
きっと悪い人に持って行かれちゃったんだ…。

気分は超ブルー。
鍵を落としたショックもあるが、
そんな間抜けな自分が許せない。
こんな疲れているときに、余計な心配事を増やしてしまった。
忙しすぎると、ろくな事がないわ。
…と落ち込むばかり。

月曜日、最寄の交番に届いてないか確認にいくが、
「鍵はY警察署に集まるから聞いてみて」と。

家の前に落ちてらこの交番に届くはずだから、
やっぱり無いんだ…。
帰ったら泥棒さんが入ってたらどうしよう…。
気分は絶望感から恐怖感へ。

その数時間後、Y警察署から電話あり。
「鍵が届いていますよ」と。

よ か っ た ぁ ぁ ぁ ~ (┬┬_┬┬)。

取りに行ってみると、担当のおまわりさん(古畑さんだって(^_^))が、
「昨日、S交番(最寄の交番)に届いたようです」と。
もおぉ!だったら今朝、前日の勤務日誌みたいなのを見てくれれば、
わかったんじゃないの(-.-;)?

まあ文句はさておき、とにかく見つかってよかった(>_<)。
拾って下さった方に、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございましたm(__)m。

今回は結果オーライだけど、
今後はどんなに忙しくても、しっかりしなくては。

反省しきりの週末でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://balletclass.blog48.fc2.com/tb.php/85-35cd1de0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。