上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.21 3/20の芸術劇場
ベジャールさんが生きてる・・・(T_T)。
歩いてる・・・(T_T)。

ついさっき終わった芸術劇場の最後の場面。

東京バレエ団のベジャール追悼ガラと、
ベジャールバレエ団の
「ベスト・オブ・モーリス・ベジャール」の映像が、
今日の芸術劇場で放映された。

その最後に、
恐らく『バレエ・フォー・ライフ』のカーテンコールに、
ベジャール本人が出演した時の映像が流れた。

もう見ることはないと思っていた
晩年のベジャールの動いている姿・・・。

私が現役のバレリーナだった時は、、
ずっとベジャールの空気を感じて過ごしてきた。
古典作品を踊った次は、必ずベジャール作品が待っていたし、
ヨーロッパ公演でもロシア公演でも、ベジャールの作品を踊った。

そして、ベジャールがバレエ団に振付けた
二つ目のオリジナル作品が、私の引退公演。

バレエ団を離れてすっかり忘れていたベジャールの空気を、
懐かしく思い出しながらTVを見ていた最後に
もう見ることの出来ない元気なベジャールさんの姿・・・。

何だか胸がキューとなった。
鼻の奥がツンとなった。

こんなペーペーの私が
そんな風に感じる資格はないのかもしれないけど、
振付の時の、獲物を狙うタカのような鋭い目が、
どうしてこんなに優しくなれるのだろう・・・と思った。

バレエを愛し、作品を愛し、団員を愛していたんだろうな・・・
なんて思うと、よくわからないけど、
何だか悲しくなってきた。

確か、前もこのブログで言った言葉だけど、
ご冥福をお祈り致します。

******************************

・・・ところで、前半で放送された、のギエムの「ボレロ」。
ギエムは勿論素晴らしいけど、
コールドもギエムに負けずに素晴らしいかった。

これぞ、東京バレエ団のコールドバレエ(^o^)丿。
息はぴったり。列も角度も全部ぴったり。

うーん、気持ちいい。
コールドバレエはこうでなきゃ。
何だか久し振りに、東京バレエ団のコールドバレエを観る為に、
劇場に脚を運びたくなった。


また、後半ベジャールバレエ団の映像で2度流れた「春の祭典」。

懐かしい)^o^(。

一体何度踊っただろうか・・・。
こんなとりにくい音の作品を、一体どうやって覚えたっけ?

それにしても、凄い(!)ポーズだね、こりゃ。

踊っていた当時、私は20歳そこそこの純真な乙女(?)で、
ベジャールの振付に忠実に、
何も違和感無く教科書通りに・・・という感覚で踊っていた。

でも、大学の演劇論の教授を公演にご招待した際、
教授がこの作品に絶句していたのが、
今になってみれば何となく理解できる(・・;)。

そういえば、春の祭典のクライマックスの相手の男性は、
今度発表会で、ゲストで出演をお願いした彼だったわ・・・。

あれから十数年経ち、彼も私も色々人生経験を積み、
しっかりアラフォーになってしまった今、
この作品を踊ったら、どんな風になるんだろう?

って、もう無理だわね。
こんな無茶な動きしたら、体が壊れる^_^;。

******************************

自分の教室の発表会のことで、
頭の中は「眠り」のことで一杯一杯になっていたこの数ヶ月。

なかなか良いタイミングでまったく趣の違う作品を目にして、
ちょっとりフレッシュできたかも。

NHKさん、ありがとうございました。

そしてNHKさんにお願い。
もっと一杯芸術劇場でバレエの映像を流して下さ~い(^^ゞ。
今日はオーチャードホールにて、
念願の「ライモンダ」全幕観賞。

「ライモンダ」といえば、正に今、私がハマりまくっている作品。

何と言っても曲が綺麗だし、
踊りはカッコイイし、
大好きなキャラクターダンス満載だし。

ボリショイとキーロフのDVDを、数え切れない程繰り返し観ているが、
同じ振付でも、演出や主演のバレリーナによって
ここまで違う作品になるのか!という程、
観れば観るほど味の出てくる作品。

・・・ただし(-_-;)・・・、

バレエに関わってきて30ウン年。
お恥ずかしい事に、生の舞台でライモンダ全幕は、
観たことが無かったのです・・・。

今のレニングラード国立バレエ団は、とても良くなっている!!!
とは聞いていたものの、
私にとって大事だったのはバレエ団のレベルではなく、
とにかくライモンダの世界の空気を、生で感じてみたかったこと。

予想通り、

恋人を待つライモンダ。
恋人の帰還に喜ぶライモンダ。
恋人と結ばれて幸せなライモンダ。

どれをとっても美しくて品があって、胸をうたれた。

王子様はかっこよかったし、
(デカイ人だなあ・・・と思ったら195センチだって^_^;)
ライモンダをさらっていく悪い人だって、迫力あってなかなか良かった。
(私なら恋人を忘れてついていってしまいそう・・・(・・;))

でも私のお気に入りの「アラブの少年の踊り」は、
残念なことにカットされていた(T_T)。

あと、3幕の結婚式のグラン・パ・ド・ドゥの間、
後ろに座っていた王様が、
肘掛いすの手に、肘をついて観ていたのには、どうかと思った。

まあそれはさておき、古典好きの私は、
どうしても「眠り」とか「白鳥」のチケットを買ってしまうのだけど、
その他の全幕ものを観るのも、
絶対に悪くない!!と確信して劇場を後にした。
(この前観たボリショイの「明るい小川」もなかなかよかったし。)

今度劇場に足を運べるのは、いつかな・・・?
2月にやる新国の「ライモンダ」も観にいっちゃおうかな・・・。
・・・まあ、これは家族と良く相談します(-_-;)。


ロシアつながりで、別件。

今日昼間、久し振りにペルミ日本校に行ってレッスンを受け、
ロシア人の先生と会ってきた。

そう、あのBSで数ヶ月前にやっていた、
バレリーナの卵に焦点をあてたドキュメンタリー番組で、
鬼のように怖かったウラノワ先生。

「САЧИКО(サチコ)と○○(同級生の名)と○○(同級生の名)は、
ちゃんと教えたことを理解していて忘れてないし、
プロフェッショナルに踊れるし、とても嬉しいわ」

とニコニコしながら話しかけてくれて、半分は嬉しく思うものの、

「あのTVで観た厳しい先生が、
所詮私たちのような日本人を見てそんな風に思うわけがない!!」

とも思ったので、
「TVで観た先生、怖かったですよお~」
と話してみた。

すると先生。

「あれは、私が一番怒っている時ばかりを編集して流したからよ。
監督が悪いの。普段はそんなに怖くないわよ」・・・と。


これが本当かどうかはともかくとして、
数多い先生の中でTVに登場するようなメインの先生に
直々にワガノワの教授法を伝授して頂けたことには、
改めて、ただただ感謝の一言。

そんな事があった後にロシアのバレエを劇場で観る・・・
今日はいつもの日常とはちょっと違う、
ロシアバレエの空気を久し振りに胸の奥まで吸った、
素敵な日だった。
待ちに待った8月2日、ワガノワ・バレエ・アカデミーの公演日。

「今日こそ、ロシアバレエの空気にどっぷり浸からせて頂くぞ!」
と思うと、楽しみも倍増。

また、今回は私のバレエ教室単位でチケットを大量申し込みした関係で、
リハーサル見学にも招待して頂き、更に楽しみが膨れる。

チケットを持つ生徒達とホール正面入口で15:50に待ち合わせ、
16:00~リハーサルの見学へ。

17:30開場、18:00開演の公演だから、
16:00という時間帯は、
レッスンが終わり、通し稽古、またはちょっとした駄目出しタイムだろう・・・
と予想していたのに、何と16:00~レッスン開始。

我々は16:00~17:00まで、
本番前の身体ならしの通常レッスンをフルで見せて頂き、
本番の踊りのリハに入ったところで、客席から出されてしまった。

残念(__)。

それにしても、開場時間の30分前にレッスンが終わり、
それから簡単なリハ・メイク・髪セット・着替え・・・
・・・その他もろもろ、本番に向けての全ての準備をこなすというのは、
何とタイトなタイムスケジュールなのだ!!とびっくり。

しかもプロのバレエ団ならともかく、まだ学生なのに・・・。

そのことだけを見ても、そんじょそこらのバレエをやっている若者とは、
全く違う次元にいる子供達なのだということが、よくわかる。

恐れ入りましたm(__)m。

またそのレッスンがすごいのなんのって。
本番前だから、別にレベルの高いレッスンをしているわけではないのだが、
当たり前だけど、とにかく綺麗(゚o゚)。

バーレッスンで目に付く子供は、
やはりセンターでは第1グループの真ん中。

その子供達をみてしまうと、
第2グループの生徒が大した事無く見えてしまうのだが、
冷静になってみると、その子供達だって世界レベル。

当たり前だけど、やはりバレエの世界では、
プロポーションや骨格の条件の違いは、
成功への決定的な要素になるのだという事を目のあたりにした。

ああ、恐ろしい。
ああ、悲しい。

この貴重な機会。レッスンのアンシェヌマンは全部メモった。
次回の児童Bクラスでは、このアンシェヌマンをなぞった、
ワガノワ記念レッスンでもやろうかな?と。

一つ嬉かったのは、生のアスィムラアートワさんが見れた事。

我が家にあるキーロフバレエ団の『海賊』のDVDの主役を踊っているバレリーナ。
それはそれは綺麗で、家事をやりながら流していても、
彼女が出てくると、気がつくと画面に釘付けになっている。

今はワガノワバレエアカデミーの芸術監督をしているとか?

レッスンが終わって、リハに入ったところで、ロングスカートで登場。
結構怖い感じで生徒に駄目出ししていた。

ああ、サインがほしかった・・・(;_;)。

そんな感じでリハーサルが続く舞台を尻目に、一旦退席。

17:30に再び入場。
席は前から4列目のど真ん中。

残念ながら爪先の先は少し見えにくかったけど、
小さなバレリーナ達の表情は勿論、息遣いも伝わってくる。

とにかく可愛い。綺麗。
もうそれ以外の表現は見つからない。
一目で全員が才能の塊だということがよくわかる。

一応、記憶の中に残すために、一言コメント。

『クラシック・シンフォニー』
こういう踊り、私は大好き。もっともっと見ていたかった。
低学年の子供達の踊りも、もっとたくさんみたかった。

『ラ・シルフィード』
凄い表現力。ポワントの音が全くしない。可愛い。

『シェエラザード』
10代とは思えない、凄い色気。綺麗。
こんな若い子が、この踊りを踊りこなすなんて・・・。

『くるみのアダージオ』
全演目の中で、これだけが“あと1歩”とい印象。
でも背中が異常にやわらかい子だった。

『眠りのグラン』
絵本の中から抜け出してきたような、王子様とお姫様の登場。
美しい。

『偶然の出会い』
いわゆるコンテンポラリーの演目(?)。
私はコンテンポラりーは今いちよくわからないけど、
素晴らしかった事に間違いない。
でもワガノワバレエアカデミーの公演でこのような演目を
プログラムに入れる必要があったのだろうか?

『マルキタンカ』
はじめて見たけど、何とも可愛らしい。
でも将来ソリスト~プリマになる生徒と、
コールドで終わるだろう生徒の差が、悲しいほどにわかった。

休憩をはさんで『海賊より花園』
日本人の男の子が頑張っていた。
やはり日本人はテクニックで勝負(^o^)丿。お見事でした。
次回の発表会は、この花園のシーン、やろうかな?

恐らく、ここでメドーラを踊った子が、
レッスン中に一番目がいった子。
31日に「プリマになる!」と予感した子だと思うが、
近くで見ると、少し細すぎ・・・という印象。
海賊よりも、前回のパ・ド・ドゥの方がよかったかな・・・。


・・・という感じで、全て終了。

本当に綺麗で、色々な意味で勉強になった舞台でした。
やはり本物の舞台は良いね。

今度は何を観に行く機会があるかな・・・。
7月31日と8月2日、
ワガノワ・バレエ・アカデミーの公演に足を運んだ。

“ワガノワ・バレエ・アカデミー”といえば、
270年の歴史のある、世界のTOPに君臨するバレエ学校。
そして、偉大なバレエ教師、ワガノワ先生が編み出した
“ワガノワ・メソッド”を、昔も今も忠実に受け継いでいるバレエ学校である。

私の教室でもこのワガノワメソッドにこだわって
生徒達にバレエを教えているだけに、
まだ発展途上のバレリーナの卵達の舞台姿が気になる・・・。

・・・ということで8月2日分は何ヶ月も前にチケットを購入し、
レッスンスケジュールも調整して、
私の教室の生徒達にも公演観賞を推薦して、
ちょっとしたイベントモード。

我が子達も夏休みに入り、
この日を家族でカウントダウンして楽しみにしていたところ、
1週間ほど前に、

「7月31日分の招待券が抽選で当たりました!!!」

という連絡。

そういえば、某教育グループ主催公演のご招待に、
申込をしていたんだ!ということをすっかり忘れていた。

・・・というより、当選するなんて思ってもいなかった。

これはラッキー(^o^)丿と、
2日はお留守番の予定だった4歳の息子も引き連れて、
厚生年金会館に脚を運ぶ。


予想通り、客席は子供子供子供子供。
開場前には、入口階段に座る半端じゃない数のジベタリアン達。
結婚式のお裾持ちのようなワンピースにスニーカーというような、
ちょっとバレエ観賞には???というコーディネートの子供もいたりして、

「あの、ワガノワバレエアカデミーの公演なのに・・・(T_T)」

と涙をのみながら、
子供向け舞台観賞モードに自分の中を切り替える。

某バレエ団の毎年恒例子供向けバレエ公演で行われるような

「皆さあ~ん、こ~んに~ちわあああ~」

からのスタートでなかっただけ良しとします(-_-メ)。

でも主催者側代表の長~い挨拶から始まり、
バレエの衣装を身に纏った進行係のお兄さんの薄べったい解説。
(段々毒舌なってきました。ごめんなさいm(__)m)

この頃には息子は早くも飽きてきてグダグダし始めるし、

「ロシア語で“こんにちわ”は何て言うか、
知ってる人はいるかなあ~?」

というお兄さんの問いかけに

「知ってる(^^)!
ズドゥラストビーチェ(Здравствуйте)だよ(^o^)丿」

と張り切って答えたものの、次の

「はい。ドーブルイ ジェン(Добрый день)ですね。」

というお兄さんの言葉に、一気にテンションが下がる娘(-_-メ)。

「どっちも正しいよ!」

と必死でフォローしたものの、
これから始まる素晴らしいはずの舞台を前に、
「この前振り必要?」と突っ込みたくなる開始となった・・・。

終演後も、愛らしいワガノワの生徒達のカーテンコールの最後、
惜しみない拍手を送っている時に、またあのお兄さんが出てきて、

「皆さ~ん、如何でしたか?」

と始まってしまい、一気に萎えてしまったこの気持ちを
どうしてくれよう(ーー;)・・・。

無料で招待して頂いておきながら、文句ばかり言ってスミマセン(-_-)。


でも、せっかくバレエにあまり触れる機会のない多くの子供達に、
本物を見せる素晴らしいチャンスを与えて下さったのだから、
主催者の方も、舞台芸術のマナーというか、
簡単に言ってしまえば、バレエのノリのようなものは決して崩さずに、
センスの良い演出をして頂きたかった・・・

・・・というのが、この日の感想。

勿論、ワガノワの子供達は文句なしに素晴らしかった。
この子はプリマになる!と確信した生徒を見つけられた事も、
貴重な収穫だった。

因みに、息子は結局1曲目の途中で眠りに落ち、休憩時間も起きず、
息子の大好きな“海賊”の時に、
無理矢理身体をゆすって起こしても起きず、
目を覚ましたのは全ての演目が終わった後・・・。

結局のところ、
息子はバレエに全く興味が無いのだな、ということがわかってしまい、
母は悲しかったよ(;_;)。

ということで会社帰りの旦那と新宿三丁目で合流し、
ご飯を食べて家に帰りましたとさ。


ワガノワの公演の中身に関しての感想は、次の記事にて(^^ゞ。
うわあ。前回の更新から、
1ヶ月以上経ってしまっている・・・。

発表会予告のような前回の記事から、
この1ヶ月の間に、色々進展がありましたとさ。

まず、会場が決定。

結局大ホール・小ホール・・・色々悩んだ結果、
運を神に任せて2・3回予約のための抽選にチャレンジしたところ、
すんばらしい会場を見事GET(^o^)v。

ちょっと私の教室規模では贅沢なような気もしたけど、
結構な倍率の抽選に当たったって事は、
きっと神様も応援して下さっているのだろう!と、
お気楽B型の典型的プラス思考で、決めてしまいましたとさ。

それから、かかる費用の概算を出し、出演料を決定し、
演目の大枠を決め、
本番までのスケジュール出し・・・。

その他、会場の下見。
舞台監督他、スタッフの手配。
ついでにバレエ団時代に一緒に踊っていた男性の先輩にも連絡して、
とりあえずの身柄確保。

そんなこんなで、
生徒&保護者の皆様を不安にさせないだけの最低限のことを決定し、
7月最初のレッスンで、
不定期刊行のお手紙“さばけん便り”の号外を出して、
生徒の皆様に告知。

これで、後には引けない状況に追い込まれた・・・
あとは、1年後の舞台に向けて、突っ走るのみです(>_<)。

最初の振付開始は、9月頃の予定。
様子をみつつ、11月頃~2曲目・・・1月頃~3曲目・・・
というのが当面の予定なので、
今から「発表会に出たい!!」という方も、まだ大丈夫。
初心者の方でも、おチビちゃんでも、大歓迎。
是非一度レッスンにいらしてみてください!

(↑と、ちょっと宣伝モードですみませんm(__)m)


メインの演目は「眠れる森の美女」に決定。

私が10歳の頃、東京バレエ団の「眠り」を観て
バレエに目覚めた。
バレエの道を志すきっかけとなった作品。

バレエ団での初舞台も「眠り」。

初めて買ってもらったビデオは、
コルパーコワ主演のキーロフバレエ団の「眠り」。
10代の頃、何度も何度も、テープが擦り切れるほどみた。

もし「全幕もので好きな役を一つやらせてあげる」と言われたら、
昔も今も、迷うことなく「リラの精」と答える。

私には強すぎるほどの想い入れがある、大切な作品。

自分の教室の大ホールでの初発表会の出し物としては、
きっと適切な作品だと思う。


でも、どんなものに仕上がるか・・・ちょっと怖いような(^_^メ)・・・。


月曜日の最後のレッスンが終わったあと、
更衣室で生徒達から、「先生オーロラ踊るんでしょ?」と質問。

「踊らないよ。」

「なんでえ~???」

「だって、この背格好でオーロラ姫って、犯罪だと思わない?」

「そんなことないよお~!!!」

「もう先生、年だし。」

「え~、まだ若いよお~!!!」


(何と可愛い我が愛する弟子達よ(T_T)・・・)


「だから、今回はオーロラ姫不在の眠り。」

「そうなんだあ!!!」


そう。今回はオーロラ不在でいく予定。

まだ生徒が育っていない、若いお教室の発表会って、
先生が真ん中を踊る事って、結構当たり前のようにあるし、
それはそれで、先生は立派だなあと思う。

(演出・振付・指導をして、なおかつ主演というのは、
想像を絶する大変さであることは、容易に想像できる。)

でもやはり発表会の主役は、誰がなんと言おうと生徒達。
そのような状況の中、
先生が真ん中をトリで踊るのは、どうしても私には抵抗がある。

(とか何とか言いながら、
来年結局私が最後にオーロラを踊っていたりして^_^;)

でも、やっぱり私も何か踊らなくちゃならないのかな・・・。
私が子供の頃、先生の踊る姿、すごく見たかったもんなあ・・・。

・・・はあ・・・(-_-)・・・
・・・でも自分のレッスン、出来てないし・・・(-_-メ)・・・
・・・最近、どんどん太っちゃってるし・・・(+_+)・・・

・・・このあたりの事は、現実を見ながら、
最後の最後まで悩むことにしますm(__)m。

そんな感じで、
「祥子バレヱ研究所・第2回発表会プロジェクト」が始動しました(^o^)丿。

どうか皆様の励ましと応援を、
よろしくお願い致しますm(__)m。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。